ペット

パラダイスカジノ仁川(旧ゴールデンゲートカジノ)へ、一泊二日のカジノ旅行 第4弾

日本から一番近いカジノ、韓国カジノへの旅は、今回5回目です。
朝、日本を出発してお昼には既にカジノでゲームを楽しめるという立地にある仁川のパラダイスカジノは、忙しい時間のやりくりをして出掛けるには最高の場所。
すっかり私のお気に入りカジノとなってしまいました。
(前回のパラダイスカジノ仁川(旧ゴールデンゲートカジノ)の記事は、こちら)

Paradise Hotel&Casino記事にしていなかったのですが、シルバーウィーク中の9月21日・22日の一泊二日で、そして今回は10月17日・18日の一泊二日で韓国カジノへ行ってまいりました。
シルバーウィークは日本だけの休日なのでカジノは空いていていましたが、今回10月の週末は盛況で、私がプレイしたいブラックジャックの一番低いレート卓である“Min5000ウォン・Max300,000ウォン”のテーブルは順番待ち状態でが空くのを待つことに…。
なので一度テーブルに着いたら、離れずにプレイし続けなければ次にテーブルが空くのを随分と待たなくてはならず、食事とトイレ休憩以外は寝る間も惜しみ、ほとんどプレイし続けてしまいした。
(ちなみに、今回も同行してくださったParadise Hotel&CasinoのVIP会員の方は、カジノの一番高いレート卓でブラックジャックをプレイしており、そちらは常時一人から三人のプレイヤーしかおらず、終日に渡りいつでもテーブルに着ける状態でした。)

私は自分の小遣いが許す、小さな予算の3万円をウォンに替えてプレイ開始(笑)。
最初の3時間くらいは負けが続き、バンクロールが100,000ウォンを切ってしまい、ここで息抜きでホテルの外へ出ました。

2017年にオープンする新しいカジノの工事現場まで散歩がてら行ってみることにしました。
この建設中のカジノは、ゲームソフトで有名な日本の企業セガが共同運営にあたり、パラダイスグループとセガサミーホールディングスの合弁事業は、すでに仁川でカジノリゾートの建設を着手しています。
ラスベガスやシンガポールのようなカジノリゾート「パラダイスシティ」は2017年の1月開業を目指し、現在建設中です。
毎回パラダイス仁川にいる時はカジノ以外の場所へ行かず、ずっとカジノでプレイしているので、今回は、その工事現場に行ってみました。

パラダイスシティ工事現場

 

養生壁に覆われて中は見ることが出来ないようになっていたので、工事現場の看板を撮ってきました。
完成予想図の俯瞰模型が看板となっていましたが、写真で分かるでしょうか?
現在のパラダイスカジノ(ハイアット仁川ホテル)から歩いて1~2分のところが、新しくオープンするカジノリゾート「パラダイスシティ」となります。
複合リゾートはカジノと一流ホテル、ショッピングモール、コンベンションセンター、高級スパ、テーマパークなどを1カ所で楽しむことができ、まさにラスベガスやシンガポールのリゾートカジノさながらの規模。

パラダイスシティ工事現場・看板

 

オープンしてからパラダイスカジノの会員になっても、もちろんいいと思いますが、オープンの際には既にハイアット仁川のParadise Hotel&Casino VIP会員になっていると、カジノのオープンセレモニーに招待されるので、ぜひ今のうちからVIP会員になり「パラダイスシティ」のオープンの際には十二分に楽しみたいところです。
まだハイアット仁川にあるParadise Hotel&Casinoの会員になっていない方、韓国で一番大きなカジノ誕生に特典付きで招待を受けられるように会員になっておきませんか?
日本から近い上に、空港から2分と立地もいい仁川のParadise Hotel&Casino、オススメですよ。

カジノ公式サイト:パラダイスカジノ仁川
http://www.paradisecasino.co.kr/paradise-casino/incheon

さて、いつもカジノに入り浸りで宿泊しているホテルの外へ出ないため、今回はホテルの外観なども撮影したりして旅行らしい記録も少しやっておきました。

パラダイスカジノ仁川・外観

 

私はカジノのリムジンでホテル↔仁川国際空港を送迎してもらうため利用したことはないのですが、仁川国際空港からの無料シャトルバスも出ています。

パラダイスカジノ仁川・シャトルバス

 

厄落としを兼ねた散歩も終え、気分転換もできたところでカジノへ戻ります。
再度ブラックジャックのプレイ開始。
バンクロールは増えたり減ったりしながらも、徐々に元に戻しつつ7時半頃までプレイして食事にしました。

記事にしていない9月のシルバーウィーク中は、パラダイスカジノ仁川の名物“にぎり寿司”はお休みでした。どうやら週末だけのサービスのようです。
“にぎり寿司”については、前回の旅行記を参照
今回は週末だったので、もちろん“にぎり寿司”をオーダー。そしてネタがなくならないうちに早めにバーコーナーへ行くのも忘れずに時計を気にしつつプレイしていたので、(念願だった)全部のネタが入った状態で頂けました!
以前とお寿司の皿が変わり、随分と見た目も良くなりました。
お味も申し分なくて、大食漢の私は二皿食べたかった(笑)。

パラダイスカジノ仁川・バーコーナーにぎり寿司

 

ということで、寿司だけではお腹が満たされないのでバイキングでも料理をいくつか頂きました。

北京ダックとサラダ
パラダイスカジノ仁川・バーコーナー北京ダック

 

ホタテとインゲンのあんかけ、炒飯など
パラダイスカジノ仁川・バーコーナーバイキング料理

 

お腹も満たされ、更にプレイ再開です。
深夜までには負けた分を取り返し、バンクロールはプラス202,000ウォン。
ここで仮眠をとるため、プレイ一日目を終了。
同行のVIP会員の方もプラス2,000,000ウォンになったようです。(私とは桁が一つ違います!笑)

3時間ほど寝て、2日目スタートです。
朝も“Min5000ウォン・Max300,000ウォン”のテーブルは人気で、ほぼ満席状態でした。
なので先にカジノ内のバーコーナーで朝食をとりました。

パラダイスカジノ仁川・バーコーナーバイキング料理

ハムとチーズのサンドイッチ、卵とトマトのスクランブル、エスプレッソ、写真に撮り忘れてしまったフルーツの盛り合わせを頂きました。

エネルギーも充電できたところで、ブラックジャックのお目当てのテーブルが空くまで待ち、空きが出たところでプレイ開始。
一日目プラスになった分を半分以上減らしてしまってからダブルの連発で巻き返しし、ぴったりプラス200,000ウォンになったところで2日目のプレイ終了にしました。
帰りの飛行機の時間の朝7時30分にはホテルを出なくてはならなかったので、ほんの40分ほどしかプレイ出来なかったけれど、なかなかいい勝負ができたと思います。

いまのところ韓国カジノ旅行では、トータルでプラスになっています。
勝てると、益々楽しいカジノ旅行ですね!

 

韓国で一番手で誕生する2017年オープン予定の複合リゾート施設「Paradise City」のニュース画像は、こちらからご覧いただけます。
興味のある方は、どうぞ。
(2014年11月20日発信)

セガサミー、韓国でカジノリゾート着工=仁川空港近く、韓国企業と合弁で

セガサミーホールディングスは、韓国パラダイスグループとカジノを中心とした統合型リ­ゾート「パラダイスシティ」を仁川国際空港近くに建設する。2017年上期の開業に向­け20日、予定地で起工式が執り行われ、発破セレモニーが行われた。
 パラダイスシティは、空港から直線距離で1.1キロ、国際業務地域の東京ドーム7個分­に相当する約10万坪に建設する。運営会社はセガサミーとカジノ、ホテル、スパを手掛­けるパラダイスグループが合弁で設立したパラダイス・セガサミー。セガサミーは出資比­率の45%、1429億ウォンを投資した。本事業の総工費は1兆3000億ウォン。セ­ガサミーは、日本での展開を見据えてカジノ運営のノウハウを得るとともに、カジノ事業­が同社収益の柱となることを目指す。
 パラダイスシティの主な施設は、カジノ、高級ホテル、コンベンションセンター、プレミ­アムスパ、商業施設。カジノは韓国内で最大級の規模で、テーブルゲーム160台、電子­ゲーム388台、スロットマシン350台を設置する。高級ホテルは711室を備える5­つ星クラス。有名シェフが腕を振るうレストランなど7店をオープンする。
 コンベンションセンターは、国際会議も行える大規模宴会場で、コンサートのほか、レッ­ドカーペットを敷く映画祭などにも対応。韓流のテーマパーク、ブランドショップなどの­商業施設も開店する。また、外国人観光客向けの韓国式サウナを備えるスレミアムスパも­建設する。
 この日、予定地では起工式が開催され、セガサミーホールディングズの里見治会長が登壇­。「グループの総力を結集し、皆様の期待に応えるようにまい進する」と話し、「2017年、再びこの地で感動と驚きをもって、皆様をお迎えすることをお約束したい」と力強­く語った。

 パラダイスシティの開業後、韓国国内では約76万人の雇用、6兆ウォンの経済効果が見­込まれるという。
3年後の2020年には、同じく複合リゾート施設「Inspire(インスパイア)」を米国のカジノ「モヒガン サン」の運営会社MTGAと韓国の仁川国際空港が誕生させます。
今後、ますます韓国カジノは注目を浴びる存在として成長していきそうですね。

※追記

他の韓国カジノ旅行記の記事は、下記リンクより読めます
韓国カジノ旅行、第一弾は2015年1月16日〜18日で釜山へ行って来ました。
→→→パラダイスカジノ釜山記事

韓国カジノ旅行、第二弾は2015年2月21日〜22日で仁川へ行って来ました。
→→→パラダイスカジノ仁川の記事

韓国カジノ旅行、第三弾は2015年3月7日〜9日で仁川空港よりソウルへ行って来ました。
→→→パラダイスカジノ・ウォーカーヒルの記事

韓国カジノ旅行、第五弾は、2016年7月16日〜18日で仁川へ行って来ました。
→→→パラダイスカジノ仁川(旧ゴールデンゲートカジノ)へ、一泊二日のカジノ旅行

 


side_navi_img_verajohn

日本から一番近いカジノ韓国への旅、第三弾!

パラダイスカジノ・ウォーカーヒル カジノチップ日本から一番近いカジノ、韓国へ2015年3月7日〜9日の二泊三日でカジノ旅行へ行って来ました。 今回もまた、Paradise Hotel&CasinoのVIP会員の方とご一緒させていただき、私は韓国カジノ3回目です。 3月7日がパラダイスカジノ・ウォーカーヒル47周年記念の日でディナーショーに招待されての豪華版です。…続きを読む>>

オススメのオンライン決済方法 ecoPayz

eco Cardオンラインカジノの決済に使えるecoPayz。
「ecoカード」を持てば日本のATMから現金を引き出すことが可能なので便利!
口座開設も簡単にできます。続きを読む>>

おすすめオンラインカジノ

verajohn-bn1.jpg

jackpotctiy2

zipangbn3.jpg

管理人が個人的に好きなカジノホテル



ラスベガスのカジノホテル「マンダリン オリエンタル ラスベガス」Mandarin Oriental, Las Vegas

★★★★★ マンダリン オリエンタル ラスベガスは、ラスベガスのストリ...

続きを読む »


»一覧表示

本当にうまい人は稼げます!DORA麻雀

ドラ麻雀 オンライン麻雀のDORA麻雀です。世界中のプレイヤーとお金を賭けての勝負が出来ます。
レートは低い台で0.5ドル(40円)から。負けて支払う額も1ドル(80円)程度です。かと思えば一局、5000円や1万円前後の高額レートの卓も毎日のように立っているので幅は広いです!
続きを読む>>